AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」のことです。
頭頂部や額の生え際の髪の毛が薄くなっていき、成人男性によく見られます。
現在、AGAは男性の3人に1人が、女性は10人に1人と薄毛に悩まれているといわれています。
AGA(エージーエー)は皮膚内で毛髪を作り出す「毛包(もうほう)」が十分に成長せず、髪の毛が太く長く育たないうちに、
ゆっくりと薄毛や抜け毛が進行していきます。
ただし、うぶ毛は残っています。 毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決して諦める必要はありません。
現在、AGAは男性の3人に1人が、女性は10人に1人と薄毛に悩まれているといわれています。
その中には、「不安を感じてはいるけど、まだ大丈夫」「まだ病院に行くまでではない」という方も多くいるかと思います。

症状例 sample01 sample02

がしかし…

気づかないうちにAGAはなんとなく進行し続け、
対処が遅いと治療できない場合がございます。

ヘアサイクルの終わりは毛根の寿命

AGAは進行性の病気です。
放っておくと症状はどんどん悪化していきます。

だからこそ

早めの対処、及び予防治療が大切です

治療が早ければ早いほど、
発毛までの期間、治療費用が抑えられます!

実際にご来院された方のうち96%以上の方が 「もっと早く治療すればよかった!」と言われます。
AGAクリニック東京では、身体への負担や副作用が心配な方の治療など
発毛プランを多数ご用意しております。
一人ひとりの希望や症状に沿った最適な治療をご提案いたしますので
まずはお気軽にご相談ください。