• QAGAとはどういう意味ですか?
    AAGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。頭頂部や額の生え際の髪の毛が薄くなっていき、成人男性によく見られます。

    AGA(エージーエー)は皮膚内で毛髪を作り出す「毛包(もうほう)」が十分に成長せず、髪の毛が太く長く育たないうちに、ゆっくりと薄毛や抜け毛が進行していきます。
    ただし、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決して諦める必要はありません。
  • QAGAの患者はどれくらいいますか?
    A全国で約1,260万人、日本人の3人に1人がAGAといわれております。
    そのうち気にかけている人は約800万人、何らかのケアを行ったことのある人は約650万人といわれています。(板見 智:日本醫事新報 2004; No.4209: 27-29より )

    AGAは進行性です。何らかの対策を行わないと、徐々に薄くなっていきます。
    早めのケアを心がけましょう。
  • QAGAはどのように進行していきますか?
    A主に思春期以降に頭頂部や額の生え際から薄くなっていきます。
    人によりAGAの進行パターンは異なり、頭頂部から薄くなる人、前頭部から薄くなる人、額の生え際から薄くなる人と大きく3つに分類されます。
    また、同時に複数の箇所が薄くなる人もいらっしゃいます。
  • QAGAの原因はなんですか?
    A一般的に酵素(5α-リダクターゼ)と男性ホルモン(テストステロン)が結合する事で発生する、更に活性が高いジヒドロテストステロンの影響などが主な原因と考えられています。髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。
    伸びては抜け、また新しく生えるという成長期、退行期、休止期を繰り返しています。
    AGAは一定期間で生まれ変わる成長期を短くしてしまい、硬毛に成長する前に抜けてしまうのです。見た目では産毛のような軟毛が増えている状態です。
  • QAGAにならないためにはどうしたら良いですか?
    A予防策として、規則正しい生活・栄養バランスの取れた食事など、生活習慣を見直すことが必要です。
    また、カラーやパーマは、薬品が髪に悪い影響を与えてしまうため、ご自身の髪の状態をしっかりと把握しながら、カラーやパーマを行う頻度をお考えくださいませ。
  • QED治療の診察はどのように行われますか?
    AED治療の診察は問診のみになりますので、服を脱いだり触診はありません。
  • QED治療費はいくらかかりますか?
    A当院が厳選したお薬の中からお選びください。お薬代以外の追加費用は一切かかりません。
  • Q他の薬とED治療薬は一緒に服用できますか?
    A服用中のお薬がありましたら、当日ご持参いただき医師にご相談ください。
  • QED治療後の副作用はありますか?
    A顔のほてりや頭痛、鼻づまりなどがあります。これらはED治療薬の血管拡張作用によるもので、生活に大きく影響を及ぼすほどのものではありません。
    必要以上に心配することはありませんが、ご心配であれば医師にご相談ください。
  • QAGA治療はどれ位の期間が必要ですか?
    A個人差がありますが、まずは1年間しっかりと治療することをお勧めしています。
    その後は様子を見ながら完全に治療を終えられる方、飲み薬だけで維持する方、内服薬も注射も続ける方などがいらっしゃいます。
    中でも飲み薬だけ継続する、「維持療法」を行う方が多い傾向にあります。
    その際は薬の量を減らすなど医師と相談しながら調整することで、費用面においても軽減させることができます。
  • Q未成年なのですが通院は可能ですか?
    A当院では、未成年者が受診される際は、保護者(親権者)、法律上の代理人の同伴をお願いしております。
  • Q支払い方法は何がありますか?
    A現金とクレジットカードによるお支払いが可能です。また、メディカルローンを活用して毎月負担なく支払いいただくこともできます。