AGAとヘアサイクルの関係とは!?

今回はAGA治療とヘアサイクルの関係について紹介していきたいと思います。

ヘアサイクルとは

髪が生えてから自然に抜け落ちる抜け落ちるまでのサイクルのことです。週毛期と呼ばれることもあり、サイクルは成長期、退行期、休止期の三つに分類されます。毛根から生えてくる髪は成長期に向けて太く、長くなり、退行期に入ると段々根元の毛球が小さくなって抜けやすくなるのです。そして休止期の間に髪が抜け落ち、成長期に入ると再び生えてくるというサイクルとなります。休止期に入ると髪が抜けるのは自然な流れなのでヘアサイクルにより髪が抜けるのは当たり前なのです。

ヘアサイクルの回数制限

年齢が進むにつれて髪の毛の量が減るのは、ヘアサイクルに回数制限があるからです。ヘアサイクルの回数は無限ではなく、一定の回数を超えると毛根から髪が生えて来なくなります。回数には個人差があり、少ない人もいれば多い人もいるので、加齢によって薄毛になる人、ならない人がいるのです。成長期は2年〜6年、退行期は2週間、休止期は3~4ヶ月の期間になります。 ヘアサイクルは一生涯で15回程度なので、期間が長い毛根は100年以上までサイクルを続けますが、短いと30年で寿命がきてしまうということです。

ヘアサイクルが乱れる原因

ヘアサイクルの乱れとは、成長期が通常より長くなったり、休止期が無くなったりすることです。その原因は生活習慣の乱れ、ストレス、加齢、必要以上の刺激、季節などがあります。これらの原因によって、ヘアサイクルが乱れて正しく髪が生え変わらなくなってしまうのです。

ヘアサイクルを正常に戻すには

ヘアサイクルを正常に戻すには生活習慣の改善・規則正しい生活をするのがポイントです。忙しい人はつい食事を抜いてしましがちですが、栄養バランスの取れた食事をしっかり摂取しないと髪まで栄養が行き届かなくなってしまいます。また、寝不足も髪に悪影響です。睡眠中は体の成長に必要な成長ホルモンが分泌されているので、1日時間眠るのがいいです。その他、適度に運動をして運動不足を解消したり、ストレスを過剰に溜め込まないのも忘れてはいけません。食生活を見直し、規則正しい生活を送れば次第にヘアサイクルは正常に戻ります。

AGAの治療はヘアサイクルが機能しているうちに

AGAはヘアサイクルが終了した髪には効果がありません。そのためヘアサイクルが機能しているうちに対処する必要があります。まずはヘアサイクルを乱れないようにするのが先行です。そして少しでも『AGAかも?』と思った方はすぐに医師の診察を受けて適切な治療を受けることで抜け毛悩みから解放されます。

今回の記事を読み少しでも自分と重なる部分があった方は、ぜひ一度AGA東京ディアークリニックまでお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です