発毛実感率99.4%の秘訣を暴露!

「最近だんだん髪の毛が薄くなってきた気がする」「おでこが広くなってる気がする」など、第三者が見てるあまり分からないような細かい変化にも、自分は気づいてしまいます。
そのため自分だけが敏感に薄毛に対してコンプレックスだと感じてしまう人も多いと思います。

そこで今回は、aga(男性脱毛症)を専門的に診ているクリニックのデータを元にその特徴やこれまでの治療実績をまとめていきます。

この記事を読むと、

  • どんな症状を専門としているのか
  • 発毛実感率99.4%にはどのような根拠があるのか

などが分かります。ぜひ最後までお読みください。


「どんな形の症状にも対応している」

実際のスキンクリニックのホームページでは、患者さんの症例とドクターのコメントが掲載されています。
その中には、「前頭部と頭頂部の肌の露出がつながっている」V型、「前頭部の後退が進み、おでこが広がっている」Ⅲ型、「わずかに髪が残っている状態」VII型などがありました。

I型を一番髪の毛がある状態とし、II型、III型、IV型、V型、VI型、VII型となっていて、VII型が一番髪が薄い状態を指すようにグラデーションが付けられています。
特にI形に関しては、「抜け毛は増えているが、再生作業が追い付いている状態」と定義されていて、症状の重度で言えば軽度な場合です。

そして反対に一番重症だと定義されているVII型は、「わずかに髪が残っている状態」とされているので、とても幅広い状態の“薄毛”を対象に治療が出来るクリニックだということです。

「治療実績と料金を確認」

そこで気になるのが、治療実績はいかほどなのでしょうか。
先ほど紹介した症状のランク付けにおいて、V型だと診断された方の場合を紹介します。
V型と診断を受けたAさんは、特に頭頂部の進行が進んでいたとドクターは分析していたが、治療前までは露出していた地肌が、6か月の治療で地肌が見えなくなるまで回復したと発表しています。

毛量の増量ももちろんですが、、髪の毛自体にコシが出たとしています。
そのような良い報告が多くあるので、実績としても良いものだということが証明できます。

「発毛実感率99.4%を裏付ける根拠とは」

なんと治療を6か月以上続けた患者さんの発毛実感率が99.4%という数字まで到達しています。
治療から1か月目で毛髪にコシが出てきて、1~3か月目で抜け毛の量が減少し産毛が目立つようになります。
そして3~4か月目でその産毛が太くなり伸びてきます。
その後6か月目を迎えるあたりで見た目にも差が出るほどまで髪の毛が成長し、イメージの変化が現れます。
1年の半分で見た目が変わるほどの違いが出るわけですから、1月に治療を始めれば6,7月にはふさふさというのも夢ではありません。

まとめ

ここまでaga(男性脱毛症)を専門的に診ているクリニックのデータを元に特徴や治療実績、費用についてを解説しました。
発毛実感率99.4%の根拠として挙がるのは、たくさんのお客様と真摯に向き合ってきた証拠とも言えます。
薄毛相手には先手の勝負が必要です。
そのような観点からも、悩んでいる方は早めに治療を始めましょう。
そして自分の理想とする髪型ができたり、清潔感を手に入れることで自信にもなります。
鏡を見た自分が輝いている姿を想像して共に頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です