「AGA治療薬を個人輸入するのは危ない?危ない理由や専門クリニックで使用されている治療薬の効く仕組みなど解説!」

「抜け毛が気になる」や「おでこが広がってきた」など、脱毛や抜け毛で悩んでいる方は日本に多くいます。

日本人男性だけでも1100万人もの方々がAGA(男性型脱毛症)に悩んでいると言われているのです。

しかしデリケートなお話ということもあって、中々周りの人に相談しにくい場合もあります。

そんな時にAGAの治療薬を海外から個人的に輸入される方もいますが、結論から言うと、“個人輸入はとても危ない”です。

その危険を理解してもらうために今回は

・AGAを引き起こす原因

・AGA治療薬の個人輸入はなぜ危ないのか

・治療薬は日本の専門クリニックから処方してもらうのがおすすめ

以上の3点を解説していきたいと思います。

「なぜAGAは起こるのか、DHTという男性ホルモンが関わっていた」

さて、まずはAGAの原因から解説していきます。この章のタイトルにもなっている通り、AGAの進行にはDHTという男性ホルモンが大きく関連しています。通常の男性ホルモンであるテストステロンというものが還元酵素というものの影響で変換されると、このDHTというものが生産されます。このDHYというものがアンドロゲンレセプターというものと反応を起こすことにより、抜け毛や脱毛を促すように毛母細胞に命令を出してしまうのです。後の章で詳しく説明していますが、このDHTを抑えるということが、抜け毛の対策に関して重要な部分なのです。

「AGAの治療薬を個人輸入するのはなぜ危ないのか」

さて、今回のメインの話題ですが、AGAに関して中々周りに相談できないという方も多くいらっしゃる中で、海外からAGAに効くとされている治療薬を個人で輸入してしまう方がたまにいます。しかしそれはとても危なく、危険が伴っているのです。その理由はたくさん挙げられていますが、まず単純に海外品は粗悪品が多い可能性があるという点です。同じ成分は配合されている治療薬でも、海外製の治療薬と国内製の治療薬では品質は異なる可能性があるということです。そして「パッケージと中身が同じである証拠がない」という声もあり、確かにパッケージのみ本物のAGA治療薬の物を使用し、中身は別の物が入っている、ということを万が一されていても、証拠がなく判別できません。100%本物かどうかを見分けるなどの方法は無いに等しく、正規のルートでの輸入ではないので、100%安心して使用する、というのは中々難しいものがあります。そしてその他にも不安な点はあり、薬そのもの以前に業者が本当に信頼して良い相手かどうかという部分です。治療薬自体の偽造もそうですが、ネットで注文している以上はクレジットカードなどの個人情報も渡していることになるので、「治療薬が効かない」など以上の大ごとなトラブルに化ける可能性もあります。中にはそもそも商品が届かなかったという被害者もいるなので、“個人輸入に無難は無い”と考えてよいでしょう。

「リスクのない専門的なクリニックでの処方がおすすめ」

前の章で解説したような危険があるので、やはり個人輸入というのはおすすめしません。ではどうやって治療するか、一番安全なのは日本の専門クリニックを受診することです。日本の専門的なクリニックではしっかりと先ほど説明したDHTにダイレクトで効く治療薬を使用しますし、何よりメイドインジャパンの薬は安全で安心です。専門医がいるということ自体大きなメリットで、自分をしっかりと一人の患者としてデータを取り診てくれますし、臨機応変に治療を進めていくことができます。専門的なクリニックだったら同じような事情を持った患者さんも多くいるので、恥ずかしいなどという感情も生まれにくいです。

「まとめ」

ここまで、AGAの原因をはじめ、AGAの治療薬を個人輸入することの危険性、そして安全なAGA治療の方法も解説しました。特に個人輸入というのはとても危険で、「医師がいない」「偽造品の可能性がある」「個人情報の漏洩に繋がる」というデメリットがあります。そういった危険や不安を全て解消できるのは、メイドインジャパンの専門的なクリニックです。医師から処方される治療薬まで、全て日本のブランド、そして日本の精神です。元々日本製のAGA治療薬は品質も高いと評判なので、本格的に治療をしていきたいと検討している方ほど、日本の専門的なクリニックへの受診や利用をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です