「aga治療薬の効果とは?治療薬を使用する際の注意点や副作用についても解説!」

人と話すとき、顔の近くにあるからこそ気になってしまう“頭皮のお悩み”。aga(男性型脱毛症)に悩んでいる方は全国で1100万人以上いるとされています。そこで薄毛に対しての対策をしたいと思っている方も多いかと思いますが、治療薬に関して、効果や副作用などの悩みもつきものです。

この記事では、

・そもそもなぜagaは起こるのか

・aga治療薬の効果はどれくらい?

・aga治療薬の副作用はどのような危険がある?

この3点を解説していきます。

「agaはなぜ起きるの?」

まずは初歩的な情報から知っていきましょう。なぜagaが起こるのか、そこを知らずには適切な治療ができません。そのagaの原因は“男性ホルモン”にありました。DHTというホルモンがあるのですが、このホルモンは通常の男性ホルモンであるテストステロンが頭皮に存在する還元酵素によって変換されてできています。そしてこのDHTというホルモンが毛乳頭内の「アンドロゲンレセプター」に反応すると、脱毛を促す信号が毛母細胞に発せられます。その信号は発せられると、成長期から突然、退行期へ誘導されて、結果として成長しきる前に抜けていってしまうのです。要はDHTというホルモンが引き金になっているのです。

「aga治療薬の効果はいかほど?」

さて、どんな原因でagaが起こっているのかを理解してところで、今度は治療薬の効き具合についてお話していきます。まずどれだけの人が治療薬を使って満足しているかという部分ですが、とあるクリニックのデータでは、治療をしている患者の99%以上が効果を実感していると発表しています。多くのクリニックで治療に使用されている薬が「プロペシア」というもの。これは抜け毛を防ぐことに専念した内容で、先ほど説明したagaの原因となるDHTを抑える作用があります。なぜagaが起こるのかという根本的な原因を知っていれば、実際にどのような仕組みで効いているのかよく分かりますね。この治療薬を使用した方たちは、75%以上の方が改善を実感しています。

そして大体同じような原理で効いている薬に、「ザガーロ」という薬もあります。こちらもDHTを抑える成分が入っています。しかし難点として、「プロペシア」よりも「ザガーロ」の方が少々値が張ります。

「プロペシア」にはジェネリックが出てますが、今のところ「ザガーロ」にはジェネリックが出ていないのです。それに加えて「ザガーロ」のみカプセルタイプなので、飲みにくさという点もあるでしょう。

「aga治療薬の副作用の危険はある?」

ここまで治療薬の効果について解説しました。“薬”といううからには、必ず副作用があります。副作用がない薬はあり得ないとされています。では先ほどの「プロペシア」と「ザガーロ」の副作用をまとめてみます。

「プロペシア」の副作用例

・精液量減少

・胃不快感

・下痢

・勃起不全   etc…

「ザガーロ」の副作用例

・勃起不全

・精液量減少  etc…

以上が全てではありませんが、主に挙げられた例はこの通りです。とくに両方にある「精液量減少」や「勃起不全」などは、男性にとってはかなり痛手であります。それに加え、「勃起不全」に関して「プロペシア」は国内調査症例276例中2例出ていて、「ザガーロ」は国内調査症例120例中6例でした。「ザガーロ」の方が調査症例が少ないにもかかわらず副作用が出た数は多いので、可能性として「ザガーロ」の方が副作用が出やすいのではないかということが言えます。

「aga治療薬の個人輸入は危ない!」

「価格が安い」や「誰にも会わず購入できる」といった理由でaga治療薬を個人で輸入している方もいるようですが、それはかなり危険です。その理由として、「偽物の可能性がある」「すべて自己責任なので、不具合があっても責任をとってくれる場所がない」ということが挙げられます。

まとめ

ここまでaga治療薬の効果や副作用について解説しました。現在の日本で多くの方が悩みのタネとして抱えているagaですが、しっかりとケアしていけば回復する余地はかなりあります。薬を扱うため副作用との戦いもありますが、そこも含めて上手に付き合っていければ、目に見える効果が期待できます。

個人輸入については、「上手にである」ことや「偽物の可能性がある」といった危険が潜んでいるので、必ずお医者さんに処方してもらうようにしましょう。 改めて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です